ことわざの窓: 先んずれば人を制す(さきんずればひとをせいす)

先んずれば人を制す(さきんずればひとをせいす)

【意味】

人よりも先に物事を行えば、有利な立場に立つことができる。先手を打てば、相手を制圧するのに有利になる。

【所見】

「早い者勝ち」「先手必勝」なんていう言葉もありますから、何でも先にやったものが強いというのは一般的な理としてあります。でも、後発が先発を研究して、それを越える実績を出すということもありますからね。先にやったからといって、”油断は禁物”です。
posted by Koshiki | ことわざ さ行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。