ことわざの窓: まずい物の煮え太り(まずいもののにえぶとり)

まずい物の煮え太り(まずいもののにえぶとり)

【意味】

不味い食材に限って、煮ると量ばかり増える。良い物は量が少なく、悪い物は量が多いということの譬え。

【所見】

確かに「希少価値がある」という表現は、量が少ないために珍重されて値段の高いものにしか適用されない言葉ですよね。そうすると、大量生産品は悪い物ということになってしまいますが・・・一理ありますね(^^;。
posted by Koshiki | ことわざ ま行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。