ことわざの窓: 諦めは心の養生(あきらめはこころのようじょう)

諦めは心の養生(あきらめはこころのようじょう)

【意味】

失敗があったり不運に遭遇したりしても、いつまでも思い悩まずきっぱりと諦めた方が精神的に良いということ。

【所見】

これは本当にそうです。心痛があまりにひどいと、本当に病気になってしまうこともあるんですね。ただ、失敗しても全然平気で反省の色なし、という人は困りものですが・・・(^^;。
posted by Koshiki | ことわざ あ行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。