ことわざの窓: 正宗で薪を割る(まさむねでまきをわる)

正宗で薪を割る(まさむねでまきをわる)

【意味】

名刀正宗で薪を割る。つまり、何でもない日常的なこと、もしくはつまらないことに非常に大切な道具を使うこと。間違った使い方をしていることの譬え。

※正宗は、天才と謳われる鎌倉時代の刀匠の名。また、その鍛えた刀のことも指す。現在では、その殆どが国宝指定されている

【所見】

そりゃあ国宝の刀を使って薪を割るなんていうのは、ありえない話ですよね!でも、実際にやってみたら、割ると言うよりはスパッと切れそうな感じがします。
posted by Koshiki | ことわざ ま行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。