ことわざの窓: 大軍に関所無し(たいぐんにせきしょなし)

大軍に関所無し(たいぐんにせきしょなし)

【意味】

大軍に攻められたなら、どんな関門があったにしても攻め込まれてしまう。多勢に攻められたなら、防ぎようがないということ。「大軍に切所(せっしょ)無し」とも言う。

※切所とは、戦略上の重要な地点のこと。要害。

【所見】

「無勢に多勢とは卑怯な!」というようなことを言っている暇もなく、あえなく陥落・・・。というような状況は、現代社会でもあることですよね。もし、攻められる側にいたら「負けるが勝ち」となることを祈りましょう(^^;。
posted by Koshiki | ことわざ た行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。