ことわざの窓: 座柄に経が読まれぬ(ざがらにきょうがよまれぬ)

座柄に経が読まれぬ(ざがらにきょうがよまれぬ)

【意味】

座柄(人が一同に会す場の雰囲気)によっては、普段は唱えられるお経も唱えられなくなる。場の状況によっては、普段できることもできなくなってしまうということの譬え。

【所見】

ありますねぇ、こういったことは。たまに、場の状況を理解していなくて、その場でやらなくても良いことをやったばっかりに、後々まで損な思いをする人もいたりしますが・・・(^^;。
posted by Koshiki | ことわざ さ行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。