ことわざの窓: 我が身を抓って人の痛さを知れ(わがみをつねってひとのいたさをしれ)

我が身を抓って人の痛さを知れ(わがみをつねってひとのいたさをしれ)

【意味】

自分が苦痛に思うことは、他の人にとっても苦痛である。自分の身に照らして、人のことを思いやるのが良いという譬え。

【所見】

このことわざが実践できる人ばかりなら、世の中はもっと住みやすくなるでしょうね。でも、全ての人ができるわけではないからこそ、ことわざとして今も語られているのだと思います。逆説的ですが・・・(^^;。
posted by Koshiki | ことわざ わ行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。