ことわざの窓: 竿竹で星をかつ(さおだけでほしをかつ)

竿竹で星をかつ(さおだけでほしをかつ)

【意味】

竿竹で、天空の星をたたき落とそうとすること。転じて、不可能とも知らず、愚かな行為をすること。

【所見】

無知がゆえに出来そうに思えたりすることっていうのは、誰にでもあることですよね。でも、いろいろ知りすぎると、却って慎重になりすぎて進めない場合もあるんですよね、これが・・・(^^;。


posted by Koshiki | ことわざ さ行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。