ことわざの窓: 大海の一滴(たいかいのいってき)

大海の一滴(たいかいのいってき)

【意味】

途轍もなく大きな全体の中での、ほんの小さな一部分。

【所見】

文字通りの意味ですが、イメージ的にあまり良い意味では使わないと思います。例えば、大規模な組織的犯罪の中で、一部が露見した場合などに使われそうですね。


posted by Koshiki | ことわざ た行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。