ことわざの窓: 塞翁が馬(さいおうがうま)

塞翁が馬(さいおうがうま)

【意味】

人生においては、不幸がいつ幸福の元となるのか、また反対に幸福がいつ不幸の元になるのかわからない。人の運というのは予測できず、一喜一憂しても意味がないことを指す。「人間万事塞翁が馬」とも言う。

※塞翁と呼ばれる人物の馬が突然逃げたが、その馬が別の馬を連れて帰ってきた。やがて、その二頭の馬に子ができたが、塞翁の息子がその馬から落ちて足を折った。しかし、そのために息子は戦場へ行かずに済み、命拾いをしたという中国の故事による

【所見】

まさに、その通り!世の中、幸福に恵まれる人、不幸に遭遇する人、いろいろですよね・・・。個人の生活においても山あり谷ありなんですが、でも、それに一喜一憂するのも人の常だと思います。


posted by Koshiki | ことわざ さ行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。