ことわざの窓: 安物買いの銭失い(やすものかいのぜにうしない)

安物買いの銭失い(やすものかいのぜにうしない)

【意味】

あまり値段の安い物を買うと、品質が悪くて使い物にならなかったり、すぐに壊れて買い換えなければならなかったりで、却って出費がかさむものである。

【所見】

これは、日常的に良く聞くことわざです。確かに良い物はそれなりにコストが掛かっていますから、そうそう安い値段で売っていたりすることはありませんよね。たまに、良いものでも流出物で安く売っていたりすることがありますが、そういう場合は保証が付いてなかったりしますから、ある意味では、やはり”銭失い”かも知れません。
posted by Koshiki | ことわざ や行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。