ことわざの窓: 待たぬ月日は経ち易い(またぬつきひはたちやすい)

待たぬ月日は経ち易い(またぬつきひはたちやすい)

【意味】

月日というものは、それを待っているときには待ち遠しく、なかなかやってこないように感じるものだが、待っていないと、知らぬ間に過ぎ去ってしまうものだということ。

【所見】

人間の感覚というものは実に不思議で、実際には同じ長さの時間を過ごしているのに、暇なときは「まだこんな時間?」、忙しいときは「もうこんな時間?」と、全く反対に感じますよね。なかなか、時は思うようには流れてくれません(^^;。
posted by Koshiki | ことわざ ま行
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。